プロミス無人カードローンなら即日融資も可能!
プロミス無人カードローン※駅付近の無人機ですぐにカード発行!

プロミス無人カードローン※駅付近の無人機ですぐにカード発行!

自動契約機でキャッシングの申し込み

>>【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断を試してみる!

消費者金融の店舗で初めてキャッシングの申し込みをする場合、店舗の窓口で申し込みの手続きをすることが一般的でした。 しかし、窓口で対応してもらうためには、人目を意識して身だしなみを整えてから出掛けることもありました。

また、窓口では緊張してしまうこともあるため、窓口での申し込み手続きが苦手だという人も少なくありません。 プロミスでキャッシングの申し込みをする場合、窓口でも手続きができますが自動契約機でも手続きをすることができます。 モニター画面で手続きの説明を音声と共に自動で案内してもらえるので、初めても安心して手続きを進めることができます。

自動契約機は個室になっているので、人目を気にせずに申し込みの手続きをすることができます。 審査もその場で行なってもらえるので、その場で審査結果が出ることもあるので即日カード発行できる場合もあります。 カード発行まですべて自動契約機で行なえるので、カードが発行されたらプロミスの店内にあるATMでキャッシングができます。


リスト 【プロミス】自動契約機に行かなくても大丈夫!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
プロミス急ぎ借り入れ
プロミス公式ページ



プロミス無人機検索

キャッシング金利の比較方法


キャッシングを利用する場合に金利がどのくらいであるかというのは、キャッシングを利用する会社を決めるのに大きな要素となります。

たとえわずか0.1%の金利差であっても、総返済額や返済期間に大きな影響を与えますので、金利はなるべく安い会社にするべきというのは疑いのない事実です。ただし、金利の安いキャッシング会社であればあるほど審査が厳しいという傾向はありますから、いくら安い金利の会社があったとしても審査に通らなければ何の意味もありませんので、同じような審査の基準を持っている会社の中で金利が安い会社を選ぶことが必要となってきます。

インターネットで検索をすれば、キャッシング会社を比較しているサイトなどがあり、それぞれのキャッシング会社の金利の比較は容易にできますが、似たような金利が並んでいることが多いものの、必ず何%から何%というように上限金利を下限金利に差が付けてあり、上限金利と下限金利の差はかなり開いていることが普通です。なるべく金利の安い会社を選ぶという観点から見ればどうしても下限金利の方に目が行ってしまいますが、本当に比べなければならないのは上限金利の方です。

特にあるキャッシング会社で初めてキャッシングを利用する時にはほとんどが上限金利に近い金利が適用されることが多いので、下限金利の比較はあまり意味がないことになります。金利比較はまず上限金利がどのくらいなのかを比較の基準にするべきです。

プロミスの利用する時の注意点


消費者金融の大手のプロミスは瞬フリという即日融資してもらえるサービスがあります。そのため即日融資希望な人からは大変好評だと言われています。しかし消費者金融は基本的にリスクが高いので安易に借り入れするのは非常に危険です。

プロミスは消費者金融なので基本的に金利が高めです。そのため返済期間が長期になる場合はかなり利息が付いてしまいます。さらに返済計画を立てないで安易に借り入れしてしまうと返済するのにすごく苦労します。利用する前にしっかりサービス内容を確認しておく事が大切です。

プロミスの瞬フリというサービスがありますが、これはあくまで審査が問題無く早く終わった場合です。当然審査中に問題があれば当然遅れてしまいます。いくら瞬フリしてもらえると思っていても、予定通りに行かないケースもあるので早めに申し込む事が大切です。

即日融資希望の人はなるべく昼間までには契約を完了するようにしましょう。特にインターネットの場合は平日14時までに完了しないと融資が受けられません。また審査の時に消費者金融から電話がかかってきて質問される事もありますので質問されたらはっきりと答えるようにしましょう。曖昧な返答をすると審査に悪影響が出てしまうので気を付けましょう。

即日融資するためにはインターネットで申し込んで審査を受けて連絡が来たら契約機まで行くという流れが一番有効的です。返済の時は利息も計算に入れて計画的に支払いしていくようにしましょう。

増額申込みは審査が必要


キャッシングというのは、申し込みをした段階で個人情報に基づく審査が行われ、利用限度額が定められています。その限度額の中で自由に融資を受けられるわけですが、この限度額というのは枠の増額申込みをすれば審査結果次第で増やすことが出来ます。

会社によっては一定の期間ごとに自動でやってくれる所もありますが、大抵は自分で申請をしなくてはいけません。その際、新規申込みと同様の審査が行われますので、中には「増額申し込みをしたけれど落とされた」という方もいるのではないでしょうか。会社によって変わりますが、審査の際に見られるのは『信用情報』『返済実績』『個人情報』の3つが主なようです。クレヒスや料金の延滞状況、収入や個人の財産状況などを見られます。

ちゃんとした収入の方の場合、最初の限度額が低い場合などは返済実績を作るだけでポンポンと枠が広がっていきますが、限度額が100万前後になると上がり辛くなってきます。頻繁にキャッシングを利用するのであれば、機を見て申請をしておくと良いでしょう。

キャッシングの限度額について


カードローンなどで借入れする際の、そのカードローンの借入限度額を気にするという方は多いのではないでしょうか。一般的に消費者金融系よりも銀行系の方が限度額は高い傾向にあります。しかしここで勘違いをしてはいけない事があります。それは、こういったカードローンで表示されている限度額目一杯まで誰もが借入ができるというわけではない事です。

例えば消費者金融系の中にも限度額が500万のものなどがありますが、そのカードローンを使えば500万まで借入ができるのかというとそれは間違いです。実際に借入限度額というのは、その人の収入であったり信用に左右されます。原則として、年収の3分の1までしか借りる事はできません。返済能力がある場合には、年収の3分の1以上借りる事ができるケースもあります。

カードローンなどで記載されている限度額というのは、その人が借入できる限度額ではなく、そのカードローンそのものの限度額だと覚えておいてください。仮に500万円以上借りる事ができる信用や収入のある人であっても、そのカードでは500万円までしか借りれないという意味だと考えれば間違いはありません。 カードローンなどで借入をする時に限度額が気になるという方は参考にしてください。

キャッシングを利用する際の本人確認


消費者金融などからお金を借りようと思う場合、必ず本人確認が行われます。では、この本人確認はどのような方法で行われるのでしょうか。それは、公的な身分証明書を確認することによってです。一番一般的な本人確認書類は、運転免許証です。免許証には住所、氏名に加えて顔写真もありますので、身分証明書として有効です。

免許証を持っていない人の場合は、免許証の代わりに健康保険証やパスポートでも代用することが出来ます。それで、キャッシングの申し込みに行く際には、これら本人確認書類として有効な運転免許証か健康保険証、パスポートのうち一点を持参しましょう。また、もし引っ越したなら住所変更届けを済ませておきましょう。そうすることにより、審査をスムーズに受けることができます。

またキャッシングは申込みの時点で気をつけておかないと審査に不利になるポイントがあります。 まず一度に複数のカードローン申込みをしてしまうと審査に通りにくくなる危険があります。 必要事項の入力や記入については、嘘はもちろんケアレスミスにも気をつけるようにしましょう。

学生でも利用できるキャッシングはある!


学生といっても、何かと付き合いや飲み会、合コンなど様々な出費が必要になることは多々あるものです。 しかし、その都度、必要経費を賄えるだけのお金を持っているかといえば、けしてそんなことはないでしょう。 そういったときは、まず両親にお金を貸してくれないかを頼んでみる…これも1つの方法ですが、「合コンでお金が必要だから」など、なぜお金が必要なのかという理由によっては、なかなか「お金を貸して」と頼めないこともあるでしょう。

実は、キャッシングは学生でも利用できるものも多数あります。 キャッシングと言うと、正社員のように安定した収入がなければ、事前の審査の時点で落ちてしまい、門前払いされるだけというイメージが強いかもしれません。 確かに、銀行系のキャッシングではその審査の基準が厳しいために、どうしても学生の場合は借入が難しくなりますが、消費者金融系のキャッシングであれば、借入も十分に可能です。

学生と言っても誰でも借入ができるというわけではありません。 まずは20歳以上であることを条件としていることが多いようですが、18歳以上であっても保護者の同意があれば、審査に通過できる場合もあります。 また、アルバイトやパートなどでも問題ないので、毎月、安定して収入があることも条件となってきます。 つまり、正社員でなければキャッシングは利用できないということはなく、たとえアルバイトでも収入があれば、審査に十分通過できるだけの資格を持っています。

ただし、学生でキャッシングを利用する場合は、キャッシングを使用しなくて済む方法はないかを模索すること、そして利用する場合はきちんと返済できるかどうかを綿密に計画を立てることも重要です。 学生だからこそ、キャッシングは計画的に利用するようにしましょう。